PDFをリソグラフへ出力するとベタが網点になる

最近のデジタルデータは、とりあえずPDF書き出しすれば出力は問題なくなりました。

インクジェットでもレーザープリンタはもちろん、刷版を使うオフセット印刷しかり。

ただし、非ポストスクリプト系である「リソグラフ」の場合、PDFをデータ出力すると、想定していた仕上がりと異なる“濃度”で印刷されます。

カラー物の場合はグレー1色に置き換わるので、薄くなるのは当然。これは想定内なのです。

しかしデータが黒1色にもかかわらず、網点として印刷されてしまうのです。

リソグラフ本体の濃度調整で濃くすれば、それっぽい仕上がりになりますが、その調整でも限界があり「どうしてだろう」と調査をしてみました。

■イラストレーターで新規ファイルを起こす
画像


■PDF/X1aで保存する
画像


■RIP搭載のレーザープリンタを選択した場合
画像

詳細設定は、PDFに埋め込んだプロファイルを認識しています。

■リソグラフを出力先にした場合
画像

なんと、こちらは勝手に画像として出力にチェックが入っていました。原因はこれでした。
埋め込んであるプロファイルが無視されていました。

画像

(見本)

■埋め込んであるソースと同じにする
画像


画像

(見本)

リソグラフのような簡易印刷(スピード印刷)の場合、もともと仕上がりをシビアに見るサービスではないので、詳細設定には気づきませんでした。

なぜなら、ワードやエクセルから直接出力した場合は問題ないからです。あくまでPDF(Acrobat)の場合だけ。

この記事へのコメント